家賃がもったいないと感じたら、家を買えば疑問は解決するのか

家賃がもったいないと感じたら、家を買えば疑問は解決するのか

012_main.jpg

「毎月の家賃に10万円も払っているけど、このまま払い続けるのはもったいない」

「一人暮らしだけど、家賃の負担が大きい」

「家賃分の支払いで、家が買えるのか知りたい」

住まいに関する悩みの中で、賃貸が良いのか?購入が良いのか?という問いは、いつも話題となります。実際に、家賃がもったいないと感じた場合、家を買うことにより疑問は解決するのでしょうか。また、本当に家賃分の負担で家を買うことができるのでしょうか。

今回は、家賃がもったいないと感じたときの対応などについて詳しく解説していきます。

家賃で家が買えるの嘘・本当

売りに出されたマンションの情報を見るとき、毎月のローン返済分と現在の家賃とを比較した上で、「家賃で家が買える」としているものがあります。これらは、嘘ではありません。

ただし、家賃の負担分だけで持ち家を維持していくことができるというわけではありません。購入したマンションには色々な費用がかかるので、あらかじめ確認しておきましょう。

ローン以外に毎月かかる費用

購入したマンションにはローンの支払い以外にも建物維持のための費用がかかります。具体的には、下記の費用が考えられます。

毎月のローン返済とこれらの費用が、賃貸の家賃程度で済むならば、家賃で家が買えるということです。

では、それぞれの項目を詳しく説明します。

■ 管理費

管理費は、賃貸に住んでいる場合でも共益費という名目でかかっている費用なので、理解している人も多いでしょう。主に、マンションの保守運営に使われている費用です。共用部分の電気代、定期的な清掃、消防点検や、エレベーターの保守費用などにあてられます。

管理費の運用は、主にマンションの管理組合か管理会社が行い維持管理を目的とする費用の支出です。

■ 修繕積立金

修繕積立金とは、大規模修繕工事等、マンションを安定して維持していくために必要な資金を積み立てるものです。マンションが竣工するときに立てられた修繕計画に沿って、費用を積み立てます。

賃貸マンションはオーナーの所有物なので、毎月の家賃の中からオーナーが積み立て、修繕を行います。しかしマンションを購入した場合は、ご自身で把握することになるので、注意が必要です。

■ 駐車場代

分譲マンションを購入するときに、忘れがちなのが駐車場代です。マンションは購入したとしても、駐車場部分の土地までを購入するわけではなく、敷地内の駐車場は別途、賃貸契約を締結して駐車場を借りなければいけません。

購入費用に、駐車場代は含まれていませんので、毎月の費用の中に駐車場代も計算しておきましょう。

固定資産税

購入で生じる税金としては、固定資産税が代表的です。

固定資産税は、毎月1月1日時点で、不動産を所有している人にかかる税金です。物件によってちがいますが、1年間の固定資産税を4回に分けて支払います。

都心部では固定資産税が高くなりがちです。購入前に固定資産税も年間にかかる支出として理解しておきましょう。

最新の販売中物件

家賃がもったいないと感じたらどうすればいい?

家賃がもったいないと感じているのであれば、マンション購入がおすすめです。費用負担の問題をクリアしていれば、マンションが資産として残るからです。

それでは、具体的にマンションを購入する場合に準備しておくべきことを紹介します。

頭金をどの程度準備するか

住宅ローンは主に借入総額や返済期間、利率で月々の負担が変わりますが、頭金をどのくらいにするのかも重要です。

最近は全額をローンで借り入れて購入できるケースもありますが、初期費用が安い分、月々の負担は大きくなります。一方で、毎月のローン金額はなるべく抑えたいという人は、頭金を多めに入れることで、負担を減らすことができます。

家賃がもったいないから家を買う、という場合には、初期費用と月々の返済額を比較しておくといいでしょう。

購入と賃貸の違いを確認する

マンションを購入した後に転勤などがあった場合には、物件に住み続けられなくなります。

賃貸マンションなら単なる引っ越しで済みますが、購入した場合は、売却するか投資マンションのように賃貸にするか、ある程度想定しておく必要があります。

購入後のことを想定するなら、マンションの資産価値を考えておくことになります。例えば、駅近などできるだけニーズが多い不動産を選ぶといいでしょう。

ここでは転勤のことを紹介しましたが、マンション購入ではいくつか注意しておきたいポイントがあります。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

関連記事
マンションを購入するメリット・デメリットとは?

ライフプランを考える

ライフプランについてもしっかりと考えておく必要があります。

などが考えられます。

単身世帯や二人世帯の場合は、今後生活が変化していくことも考えられます。子供が生まれて人が増えることがあります。

マンションを購入するなら、このような変化について考えることも大切です。

ライフプランについては下記の記事で詳しく解説しています。参考にしてみてください。

関連記事
マンション購入するならライフプランをよく考えよう

新築マンションならオープンハウス・ディベロップメント

時間を有意義に過ごせる「都心」×「駅近」の暮らし

利便性の高い「都心」ならではの生活環境には、公共施設をはじめ、医療機関や24時間営業のサービスなど、さまざまな機関・施設が充実しています。通勤時の満員電車のストレスも少なくなり、家族と過ごしたり、習い事やジムでリフレッシュしたり、近くのお洒落なお店で時間を気にせずゆっくり食事するなど、自分や家族のために時間を使うことができます。
更に「駅近」の立地なら、雨の日も快適な上、帰路も明るくお子様の通学にも安心です。
共働き世帯の増加とともに、住まいに求めるニーズが多様化している中で、「都心」×「駅近」立地は住まう方に幅広い選択肢を提供します。

他のコラムを読む

駅近マンションは資産価値が高い?駅近マンションを購入するメリットとは?

マンションを購入する時、どの場所に立つマンションを買うべきかは、誰もが考える悩み...

マンションを購入するメリット・デメリットとは?

マンションを購入する前には、賃貸マンションや戸建購入など、他の選択肢と比較して決...

マンション購入するならライフプランをよく考えよう

マンションの購入を考えるなら、将来までのライフプラン作成をおすすめします。マンシ...

マンション購入の流れを解説。ローンや諸費用など注意すべきポイントは?

マンションの購入を考えた時、購入を決めるまでどういった流れで進めるべきか把握して...

マンションと戸建、どちらが良い?

マンションにするか、戸建にするか、悩む方は多いでしょう。ライフスタイルと重ね合わ...

全てのコラムを見る