Vol.22 品川区在住H様 愛猫と共に、安心と充実感のある暮らし
Vol.22 品川区在住H様 間取り:1LDK 家族構成:1人

愛猫と共に、安心と充実感のある暮らし

良き“縁”に恵まれて。めぐりあった安心して暮らせる場所。

母親の一言から、マンション購入を考え始めた。

母親の一言から、マンション購入を考え始めた。

「マンション購入を考えたきっかけは母の一言からでした」と語るのは、新築のオープンレジデンシアを購入し、入居して1ヶ月のH様。お母様から「住宅を買うなら、少しサポートができるよ」と住宅購入を勧めてもらい、「自分に合ったコンパクトな物件」を求めて情報を集め始めたといいます。「まず『ここがいい!』と思ったのが、オープンレジデンシアでした。最初に検討した物件は価格面で条件が合わなかったのですが、その次にご紹介いただいたのが、いま住んでいる物件です」。営業の担当者から「こちらの物件はいかがでしょうか?」と、2つめの物件を紹介されたとき、H様はその立地と資産性の高さに魅力を感じたといいます。「『駅が近い』という、『将来も変わらない物件の価値』に心が惹かれました。お部屋は住み続けていくうちに価値が下がってしまうものです。『資産性』を強く意識して物件選びをしていたので、『立地』というのが大きなポイントだったと思います」。

日々の暮らしをイメージして、様々な角度から購入を検討。

日々の暮らしをイメージして、様々な角度から購入を検討。

勤務先へのアクセスの良さに加え、商店街が賑わう「暮らしやすいエリア」という周辺環境の良さも知っていたというH様ですが、物件選びに際しては様々なことを考えたといいます。「最寄り駅から徒歩1分という好立地はもちろん、駅からは電車や地下鉄、バスなど多くの路線が使えて都心へのアクセスも良好です。休みの日には気分によっていろいろな場所に出かけられると感じました。また老後のことを考えたときに、近くに大学病院があるというのは大きなポイントでした。あとは猫を飼っているので、猫専用の動物病院が近くにあるのも決め手でしたね」。日々の生活をしっかりとイメージしながら検討を進め、「この場所なら愛猫と共に楽しく、安心した生活ができる」と確信していったといいます。「購入を決める前に一番に考えたのは価格面のこと。住宅ローンや毎月の支払いを何度もシミュレーションして、“いまが買い時”と判断しました。でも、最後に背中を押して貰えたのは、やっぱり “ご縁”だったのかなと思っています」。購入は最終的に抽選となり、「当たらなければ仕方ない」という気持ちでいたといいますが、結果は当選。「これは良い”ご縁”があるんだと感じて。『では、購入します』と、腹をくくりました(笑)」。

ホテルのような空間の中で、充実感にあふれた暮らしを。

ホテルのような空間の中で、充実感にあふれた暮らしを。

「住み始めてみて、とても気に入っているのはホテルのような作りです」と、笑顔で話されるH様。特に、ゆったりとしたバスルームと1面鏡張りの洗面台がお気に入りだといいます。「浴槽も手入れがしやすく、収納も多くてスッキリした状態を保ちやすいんです」。 また、玄関ドアを開けるとカーペット敷きの内廊下があり、「万が一、この子がドアの隙間から飛び出してしまっても安心なのがうれしいですね」と、愛猫をやさしく撫でながら話してくれました。家族の一員である愛猫にとっても、「いい住まいの選択だったかな」と感じられているようです。「マンションを購入して、本当に日常生活の満足度が上がったと実感しています。テレビを見ながらくつろぐ時間も、キッチンで料理をする時間も、猫と過ごす時間も。とても楽しく過ごせるようになりました」と、日々の暮らしに充実感を持っていただけている様子でした。

自分自身の「納得」を積み重ねて、悔いのないマンション選びを。

自分自身の「納得」を積み重ねて、悔いのないマンション選びを。

マンション購入の際に、様々な角度から検討をしていったH様に、これから住まいの購入を考えている方に向けたメッセージを伺いました。大切なことの1つは、人にアドバイスを聞ける環境を作ること。特に暮らすエリアを決める際には、「イメージだけで選ぶのはダメ」だそう。住んでいる人や、そのエリアを知っている人の声に耳を傾けることが必要だといいます。そして、もう1つは焦り過ぎないこと。「『家が早く欲しい!』と前のめりになると、冷静な判断ができなくなってしまうかもしれません。「この家が終の棲家になるかどうかはわかりませんが、自分自身が納得できるところを積み重ねて、購入を決断していきました。将来的に賃貸や売却もないとは言い切れませんが、その際にも資産性の高いものを選んだつもりです。人のアドバイスを聞き、冷静に判断することで、より良い物件選びができるのではないでしょうか」。

あなたにとって「住まい」とは?

ご本人さま

「大切にしたい想いを形にできる場所」だと思っています。私は仕事で人事を担当していますので、新卒採用などにもたずさわり、人とのご縁を常に感じてきました。私の仕事は学生さんに「どんな仕事をしたいのか、どういう価値観なのか」を問いかけ、一緒に考える仕事です。今回、私が住宅を購入するにあたって、自分自身に「譲れないもの」や「価値観」を問いかけていく中で、自分の「大切にしたい想い」について考える良いきっかけになったと強く感じています。

おすすめの物件

他のご購入者様の声を読む

Vol.23 M様ご本人

気持ち的にもゆとりが生まれる空間を実現

Vol.21 C様ご夫妻

購入したことで得た、暮らしの土台を持つという喜び。

Vol.20 F様ご夫妻

理想の生活をより具体化することで、何が必要か見えてくる。

Vol.19 S様ご本人

等身大の暮らしを叶えてくれた、初のマンション購入。

Vol.18 A様ご本人

住まいは生き方そのもの。自分の今と未来をあらわす。

Vol.17 O様ご本人

偶然の出会いから、新築マンション購入へ。

Vol.16 K様ご夫妻

希望条件を一つずつ達成しながら資産価値もアップさせていく。

Vol.15 T様ご夫妻

街、建物、造り手とお客様。理想的な住まいは出合いから始まる。

Vol.14 O様ご夫妻

オーダーシステムをとことん活用して、思い通りの住まいを実現。

Vol.13 S様ご夫妻

都心近くでありながら、手の届く価格帯だったオープンレジデンシア。

全ての記事を見る