Vol.21 世田谷区在住C様 資産価値より"好き"という感覚を大切に
Vol.21 世田谷区在住C様 間取り:2LDK 家族構成:2人

資産価値より"好き"という感覚を大切に

購入したことで得た、暮らしの土台を持つという喜び。

大きな公園とルーフバルコニーにひと目惚れ。

大きな公園とルーフバルコニーにひと目惚れ。

婚約を機にマンション購入を検討し始めたというC様ご夫妻。結婚のタイミングで新居に住めればと、まずは資産性と価格、街の雰囲気などを重視しながら物件を絞っていったといいます。中古、新築にこだわらずいくつかのエリアを見て回っていくうちに駒沢公園の近くを通り、その時点でエリアを決定。「大きな公園が家のそばにあったら素敵だな、という思いはずっとありました。緑あふれるロケーションで、しかも都心へのアクセスもいいですしね。散歩したり、ピクニックしたりと、どんどん夢が膨らんでいきました」。 エリアが決まってからは、間取りと価格を念頭に数物件を回って検討。決め手となったのは、広々としたルーフバルコニーだったといいます。「ひと目惚れですね。家庭菜園を楽しんだり、空を見上げて寝転がったりできたら……と、次々とやりたいことが思い浮かんできました。」 「最初は資産性が最も重要だと考えていたんですけどね……」と、苦笑いしながら話すご主人様。「けど途中から、そんなことばかり考えていても仕方ないと思うようになって。結局は、自分たちの“好き”という感覚と、思い描いた夢をいかに実現できるかが焦点となっていました」。

「帰りたい」と思える場所ができた幸せ。

「帰りたい」と思える場所ができた幸せ。

「購入して本当に良かった」と口を揃えるご夫妻。マンションを購入したことで、自分たちの居場所がより明確になったといいます。「家だけでなくこの地域にも愛着が沸くようになり、何よりも家で過ごす時間が楽しくなりました」。以前にも増してフットワークが軽くなり、家を拠点に近くの街などに自転車で出かけたりすることも増えたそうです。 また、近くに公園があることで、ちょっとした気分転換が気軽にできるように。現在、リモートワークで家にいることが多いおふたりですが、近所でテイクアウトした弁当を公園で食べたり、散歩やランニングを楽しんだりと、オンとオフの切り替えもスムーズになったといいます。 お気に入りのルーフバルコニーはまだ30%の完成度ということですが、徐々に緑を増やしていきたいとのこと。賃貸とは違ってリノベーションが自由にでき、より自分たちらしい空間を創り上げていくことができるのが楽しみだといいます。「自由度が高いというのは気持ち的にも楽ですし、やはり自分たちらしさが表現できるという意味でうれしいですね」。

夢は大きく、あとはプロに任せればいい。

夢は大きく、あとはプロに任せればいい。

オープンキッチンへの憧れから、キッチン周りの設計を大きく変更。仕切りや吊り棚をすべて取り除き、リビングルームと一体化した広々とした空間へと造り替えました。変更するうえで、換気扇フードや蛇口も“見せる”仕様に。天板の幅も40㎝伸ばし、対面カウンターとして使えるようにしました。 また、リビングルームと仕事部屋を仕切る扉もスライド式にし、必要なときだけ仕切れるように変更。リビングルームに広がりを与え、より開放的な空間へと生まれ変わりました。仕事に集中したいときには、扉をスライドするだけでリビングルームの一部が個室に変身。これで、自由自在に空間を調整することができるようになりました。 「最初、担当の方に『やりたいことをすべて挙げてください』と言われたので、夢のようなことまで次々と挙げていったんです。そしたら『これはさすがに難しいかな……』と思うようなことでも、実現に向けていろんな提案をしていただけました。カウンターの天板なども実物を持ってきてくれて、どんな雰囲気になるか見せてくれたり。さすがプロだと感動しました。こちらのこだわりを理解し、真剣に向き合ってもらえて本当に感謝しています」。

自分らしく、好きでいられる場所であることを優先に。

自分らしく、好きでいられる場所であることを優先に。

「購入を検討し始めていた当初の自分にも教えたいんですけど……」と、少し照れながら話し始めるご主人様。「『今後どれだけ価値が上がるかといった資産性について考えるのはやめましょう』と言いたいですね。先のことをいくら考えても正確な答えは出ないですから。気に入った家が見つかったら、案じる前に買ったほうがいい。自分の家だからこそできることは、思った以上にたくさんあります。『好きなスタイルで自分らしく暮らしていける場所』という考えを優先してほしいですね」。 オーダーメイドのキッチン周りに大満足という奥様からは、設計担当者との向き合い方についてのアドバイスをいただきました。「最初から無理とあきらめずに、まずは自分が思い描いていることを何でも伝えたほうがいいと思います。最初はぼんやり抱いていたような夢も、話し合いを重ねるうちに次第に明確になっていきました。プロだからこそのアイデアで、素人では思いつきもしないような方法で夢を叶えてくれます。せっかくのマイホームなのだから、満足がいくものを追い求めるのがよいと思います」。

あなたにとって「住まい」とは?

旦那さま

僕にとっての住まいとは、人生の一部として共に歩み続けていくもの。これから過ごす時間はこの家がベースになっていくわけで、いつか過去を振り返ったときにいつでも思い出と共にある大切な場所だと思っています。

奥さま

安らぎを与えてくれる場所であると同時に、自己表現できる場所ですね。実際、友人を呼んでホームパーティーをする機会が増えたのですが、その都度、どんなお料理を作ってゲストをもてなすかといったことを考るのも楽しみのひとつです。どうやって自分らしい空間を作り出し、相手に喜んでもらえるような場にするか。さらに、コミュニケーションを生み出し、自分を表現し合う場でもあると思っています。

変更プランCheck!

キッチンスペースを大きく変更。リビングルームとの仕切りや吊戸棚を取り払い、さらに蛇口や換気扇もオーダーメイドのものに。シンクのある天板の幅を広げ、カウンターとしても使えるようにしました。また、リビングルームと洋室を仕切る扉をドアからスライドドアに変更。開け放せばリビングルームとひと続きのような空間に、必要な際には個室になるという機能を設けました。

Before

After

前へ
次へ
おすすめの物件

他のご購入者様の声を読む

Vol.20 F様ご夫妻

理想の生活をより具体化することで、何が必要か見えてくる。

Vol.19 S様ご本人

等身大の暮らしを叶えてくれた、初のマンション購入。

Vol.18 A様ご本人

住まいは生き方そのもの。自分の今と未来をあらわす。

Vol.17 O様ご本人

偶然の出会いから、新築マンション購入へ。

Vol.16 K様ご夫妻

希望条件を一つずつ達成しながら資産価値もアップさせていく。

Vol.15 T様ご夫妻

街、建物、造り手とお客様。理想的な住まいは出合いから始まる。

Vol.14 O様ご夫妻

オーダーシステムをとことん活用して、思い通りの住まいを実現。

Vol.13 S様ご夫妻

都心近くでありながら、手の届く価格帯だったオープンレジデンシア。

Vol.12 N様ご本人

将来のライフスタイルを考えて、人気の高いエリアを選択。

Vol.11 I様ご本人様

ライフステージの変化を視野に、資産価値の高いマンションを選択。

全ての記事を見る