2人暮らしにデザイナーズマンションをおすすめする理由とは?

2人暮らしにデザイナーズマンションをおすすめする理由とは?

2人暮らしと不動産

2人暮らし用のマンションを探すとき、賃貸と分譲で迷う人は多いようです。「子どもが生まれるまでは...」という理由で、賃貸を選ぶ人もいれば、2人で暮らす段階からマンションを購入する人もいます。

今回は、2人暮らしでマンション購入を選択するメリットを紹介します。また、2人暮らしならデザイナーズマンションもおすすめです。その理由も紹介します。

2人暮らしで賃貸ではなくマンションを購入するメリット

手を繋ぐ夫婦
手を繋ぐ夫婦

新しく2人暮らしを始めるにあたり、賃貸と購入のどちらがよいかは悩みどころです。

2人暮らしでマンションを購入することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

1.マンションを購入して2人で暮らせば、月々の支払いが抑えられることがある

マンションを購入する場合、大抵の方はローンを組むはずです。

最近は住宅ローンの金利が低いので、管理費や修繕積立金などの経費を含めても、費用負担は賃貸と大きく変わりません。同じグレードの部屋に住む場合では、賃貸よりもマンション購入の方が月々支払う金額(返済額)が少なくなる可能性があります。

また、賃貸の場合は住み続ける限り家賃として一定の出費が発生し続けます。一方分譲の場合は、住宅ローンを早めに組み、早めに返済を終えると、将来的な出費を減らせるというメリットもあるでしょう。

2.マンションを購入して2人で暮らせば、資産として残すことができる

購入したマンションは、資産となります。

賃貸の場合、家賃は単なる出費です。都心部であれば、家計のなかで家賃の占める割合は大きく、老後の資金準備や趣味を楽しむために使用できるお金を残しづらいものです。貯金が増えないので、「老後に仕事がなくなってから、どうやって家賃を払い続けよう」という不安の声も多くあります。

資産として手元に残るという点はマンションを購入のメリットでしょう。

3.マンションを購入して2人で暮らせば、子育てなどライフプランが立てやすい

マンション購入は、賃貸住宅を決めるようには気軽にはできません。子育ての基盤として適しているか、など考えるべきポイントが多くなります。悩みはつきませんが、将来のことを見据えて計画的にマンションを購入できていれば、出産や子育ての準備に焦る可能性は小さくなります。

また、「子供が出来たらマンションを購入しよう、しばらくは賃貸で」と言っている間に数年が経ち、気がつけば家賃に数百万円も払っていた、というケースは珍しくありません。
マンションは戸建てに比べて流動性が高いといわれます。最近はライフプランにあわせて住み替える人も多いため、2人暮らしの時点で購入することに必要以上に抵抗を感じることはないでしょう。

4.マンションを購入して2人で暮らせば、持ち家だから自由

賃貸マンションは自分のものではありません。例えば、壁紙の張替えなどを自由に行うことはできません。2人暮しという夫婦(カップル)の大切な時間に、室内を自由にできることは大きなメリットだといえます。

また、実際に2人暮らしでマンションを購入した方からは、次のような意見も聞かれます。

「マンションを借りるのではなく購入したことによって、ここは自分の家だ!という感覚が強くなり、そのせいか家がとても居心地がいい。」

居心地のいい「自分の家」、「帰りたくなる場所」があることも、人によっては大きなポイントになるでしょう。

最新の販売中物件
東京・神奈川
名古屋
福岡

2人暮らしにデザイナーズマンション購入をおすすめする理由

おしゃれなマンション
おしゃれなマンション

デザイナーズマンションといえば、スタイリッシュでおしゃれな部屋を想像する方が多いと思います。夫婦やカップルが2人で暮らすマンションを買うなら、デザイナーズマンションもおすすめです。その理由を紹介します。

1.デザイナーズマンションに2人で暮らせば、高い満足度が期待できる

デザイナーズマンションを購入する最大の利点は、他に類似しない個性的なマンションが手に入ることです。

もちろん2人暮らしではなく、ファミリー層でもデザイナーズマンションを購入できます。しかし2人暮らしという状況においては、子どもに家を汚されたり壊されたりする心配がないため、一層おしゃれにこだわる生活ができるのではないでしょうか。

また、実際にデザイナーズマンションに住んでいる方からは、「つい友達を呼びたくなる」という声も聞きます。友人が多いならば、誰かに見せるという観点でもデザイナーズマンションはおすすめです。

このように、建築家・設計士によってデザインされた、こだわりのマンションに2人で住むことで、他のマンションにはない高い満足度を得られるでしょう。

2.デザイナーズマンションに2人で暮らせば、住人の間で交流が期待できる

マンションは一つのコミュニティです。住人間で交流が盛んなマンションも数多くあります。

一般的なマンションでは、子どもを通じてつながりが生まれることがありますが、デザイナーズマンションにおいては、管理組合が主導して交流会が開かれる物件もあります。同じ趣味や同年代の仲間が見つかったり、ファミリーマンションとは違った楽しみ方もできるかもしれません。

個性のあるデザイナーズマンションでは、住人同士の考え方・趣味・趣向などが近い傾向にあるため、入居前に確認してみてもいいでしょう。

3.デザイナーズマンションであることが、付加価値とみなされることも

2人暮らしという環境変化が起きやすいケースでは、購入だけでなく売却時の資産価値にも注意したいところです。

不動産業界ではデザイナーズマンションは中古で売りにくいと言われていたそうですが、近年はそんなことはなく、売却においても付加価値となるケースが増えています。将来、売りやすいかどうかは、マンション購入時に気になる点です。しっかりと、不動産会社に確認してみてはいかがでしょうか。

新築マンションならオープンハウス・ディベロップメント

時間を有意義に過ごせる「都心」×「駅近」の暮らし

利便性の高い「都心」ならではの生活環境には、公共施設をはじめ、医療機関や24時間営業のサービスなど、さまざまな機関・施設が充実しています。通勤時の満員電車のストレスも少なくなり、家族と過ごしたり、習い事やジムでリフレッシュしたり、近くのお洒落なお店で時間を気にせずゆっくり食事するなど、自分や家族のために時間を使うことができます。
更に「駅近」の立地なら、雨の日も快適な上、帰路も明るくお子様の通学にも安心です。
共働き世帯の増加とともに、住まいに求めるニーズが多様化している中で、「都心」×「駅近」立地は住まう方に幅広い選択肢を提供します。