DESIGN

デザイン

外観完成予想CG

この地にふさわしい私邸を目指して-。

外観完成予想CG
外観完成予想CG

街並みに調和する質感と色彩を。

低層3階建てのファサードは、街並みと調和を図りながら、邸宅の顔となるエントランス上部にガラスの連窓を施したデザインで存在感を演出。表情のあるブラウンのタイルを基調としながら質感ある石調タイルなどを随所に施し、この地に相応しい建物意匠の在り方を追求しました。

建物素材写真(2019年9月撮影)
建物素材写真(2019年9月撮影)
エントランス完成予想CG
エントランス完成予想CG

私邸としてのプライバシー性を高めるプランニング。

本プロジェクトのプランニングは、内廊下を中心とした配棟で角住戸を多く設定。最上階は全邸角住戸とするなど約70%という高い角住戸率を実現しました。この地での静穏で落ち着いた毎日をお過ごしいただけるよう、私邸としてのプライバシー性向上を追求したプランニングです。

>エリア概念図
敷地配置図イメージイラスト

角住戸率70%を確保

全20邸のうち14邸を角住戸としてプランニング。プライバシー性はもちろん、角住戸は開口部が増えることから居住性も高まります。

内廊下を中心にした住戸配置

共用廊下は内廊下設計を採用。プライバシー性を高めるとともに天候の影響を受けることのなく、快適な環境が保たれます。

内廊下参考CG
内廊下参考写真

※掲載の完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。周辺道路・建物等は表現しておりません。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※建物素材写真は、印刷の都合により色合い等は実際と異なる場合があります。また、改良等のため、変更となる場合があります。
※掲載の敷地配置イメージイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。
※掲載の内廊下参考写真は、本物件の内廊下を撮影したものではございません。あらかじめご了承ください。

予告広告

※販売を開始するまでは、契約または予約の受付及び申し込みの順位の確保には応じられません。(販売予定時期:2019年10月下旬)

※予定販売戸数を、一括して販売するか、数期に分けて販売するかは、現在未確定です。今後行う本広告において、確定情報を掲載いたします。

※販売戸数が未定の場合のご注意:間取り、専有面積が変更になることがございます。これらと、その他の未定部分については本広告時までに確定致します。予めご了承下さい。

※不動産経済研究所調べ(2017年1月~2018年12月)
※共同企業体(ジョイント・ベンチャー)の物件については、企業数に応じて1物件を分割してカウントしております。また、小数点以下は切り上げております。
東京23区マンション共有棟数No.1
当サイトに掲載している写真・画像・図面・データ等については、目的の如何に関わらず、無断転載を固くお断りいたします。
これらの著作権は、株式会社オープンハウス・ディベロップメントまたは関係当事者に帰属します。