エントランスアプローチ
デザイン

全邸南向き・角住戸。
洗練で包み込んだ
象徴的なタワースタイル。

「オープンレジデンシア名古屋アーバンコート」では、この地の新たなランドマークとしての先駆的な表情と、
暮らしの営みの舞台としての落ち着きのある風情が程よく調和した外観デザインを構想。
基壇部には重厚でありながら心安らぐ暖色系のマテリアルを配して安定感を演出し、中・上層部のバルコニー手摺には
名古屋の空や間近な都市風景を映し込むガラス手摺を採用するなど、
安息と躍動が調和する佇まいを創出しています。

PREMIUM VALUE /希少価値

価値あるポジションとクオリティ。
高い資産性に期待。

1993年〜現在で名古屋市内で販売されたマンションが2,361件。
その中で西区の物件が145件、全邸南向き・角住戸が13件、
さらに小・中学校徒歩5分以内の物件は
「オープンレジデンシア名古屋アーバンコート」1件のみとなります。

※1993年〜現在で販売済みの物件と本計画で試算。(2020年5月現在 MRC調べ)
※掲載の外観完成予想図は計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。なお、外観の細部・設備機器・配管類等は一部省略又は簡略化しております。タイルや各種部材につきましては、実際と質感・色等の見え方が異なる場合があります。

小・中学校 徒歩5分以内

外観完成予想図

SOUTH VIEW

南面に広がる眺望と開放感。
西側は小学校と公園のある
開放的なポジション。

現地周辺には比較的低層の建物が多いため、
陽光を遮るものが少なく明るい眺望と開放感を享受できます。

南面に広がる眺望と開放感

※掲載の敷地配置概念図は敷地配置を説明するための概念図であり、建物位置・高さ・距離・縮尺等は実際とは多少異なります。※掲載の立地概念図は、図面および地図を基に描いたもので実際とは異なります。また、周辺環境は将来変わる場合があります。

MATERIAL

選び抜かれた素材と意匠のフュージョン

選び抜かれた素材と意匠のフュージョン。

様々なタイルや自然石など建物を構成するマテリアル一つひとつへのこだわりを徹底。質感や風合いをはじめ、細部の造形に対する卓越した感覚、素材への行き届いた審美眼がハイセンスな建築を生み出します。

ENTRANCE HALL

上質な素材感と柔らかな光が迎賓の風情を織り成すエントランスホール。

エントランスホール

PLANNING

全邸南向き・角住戸。1フロア2邸のプランニング。

端正な矩形の敷地形状を最大限に活かしながら、暮らしの安らぎや安全性などに配慮した設計を採用。
全邸南向き・角住戸を実現し、開放性、プライバシー性等にこだわりました。

  • 歩車分離設計

    歩行者と車の動線を完全に分離し、安全に配慮した歩車分離設計を採用。

  • 先進のセキュリティ

    24時間遠隔保安システムをはじめ、都心生活を安心して過ごすための、先進の防犯システムを備えました。

  • 全台平置駐車場

    車の出し入れがスムーズな平置7台分の駐車場を確保。

  • 駐輪場(屋根付)

    ラック式駐輪場を敷地内に36台設置。

  • Wi-Fi

    Wi-Fiを利用した快適なインターネット環境を全戸にてご利用いただけます。

  • ペット足洗い場

    散歩帰りに重宝するペット足洗い場をご用意しました。

間取り
2019年名古屋市共有棟数・戸数No.1
※自社調べ(2019年1月~ 2019年12月)
※共同企業体(ジョイント・ベンチャー)の物件については、企業の出資率に応じて分割してカウントしております。また、小数点以下は切り捨てしております。
東京23区マンション共有棟数No.1
この物件を見た人はこんな物件も見ています
当サイトに掲載している写真・画像・図面・データ等については、目的の如何に関わらず、無断転載を固くお断りいたします。
これらの著作権は、株式会社オープンハウス・ディベロップメントまたは関係当事者に帰属します。