航空写真
  • TOP
  • アクセス

ACCESS

2駅2路線が利用可能。
自由自在に都心を使いこなす。

  • all image photo

  • 航空写真

  • all image photo

多彩な魅力を有する丸ノ内線に加え、
新宿線も利用可能。

東京の主要駅を巡り、
乗り換えできる路線の多さで人気の高い
東京メトロ丸ノ内線を
自由に使いこなすことが可能。
さらには、都営新宿線も気軽に利用でき、
オンもオフも都心をより
自在に楽しむことができます。

※2021住みたい沿線ランキングより(SUUMO調べ)

■路線図

※東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「四ツ谷」駅へ直通1分〈1分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「赤坂見附」駅へ直通4分〈4分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「新宿」駅へ直通4分〈4分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「霞ヶ関」駅へ直通8分〈9分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「渋谷」駅へ東京メトロ丸ノ内線利用、「新宿三丁目」駅で東京メトロ副都心線(通急)に乗り換え8分〈7分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「池袋」駅へ東京メトロ丸ノ内線利用、「新宿三丁目」駅で東京メトロ副都心線(通急)に乗り換え8分〈9分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「銀座」駅へ直通10分〈11分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「東京」駅へ直通13分〈14分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「大手町」駅へ直通14分〈15分〉、都営新宿線「曙橋」駅より「新宿三丁目」駅へ(各停)直通1分〈1分〉、都営新宿線「曙橋」駅より「市ヶ谷」駅へ(各停)直通2分〈2分〉、都営新宿線「曙橋」駅より「神保町」駅へ(各停)直通5分〈6分〉、都営新宿線「曙橋」駅より「浜町」駅へ(各停)直通12分〈14分〉

※東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「四ツ谷」駅へ直通1分〈1分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「赤坂見附」駅へ直通4分〈4分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「新宿」駅へ直通4分〈4分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「霞ヶ関」駅へ直通8分〈9分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「渋谷」駅へ東京メトロ丸ノ内線利用、「新宿三丁目」駅で東京メトロ副都心線(通急)に乗り換え8分〈7分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「池袋」駅へ東京メトロ丸ノ内線利用、「新宿三丁目」駅で東京メトロ副都心線(通急)に乗り換え8分〈9分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「銀座」駅へ直通10分〈11分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「東京」駅へ直通13分〈14分〉、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より「大手町」駅へ直通14分〈15分〉、都営新宿線「曙橋」駅より「新宿三丁目」駅へ(各停)直通1分〈1分〉、都営新宿線「曙橋」駅より「市ヶ谷」駅へ(各停)直通2分〈2分〉、都営新宿線「曙橋」駅より「神保町」駅へ(各停)直通5分〈6分〉、都営新宿線「曙橋」駅より「浜町」駅へ(各停)直通12分〈14分〉

地上から改札までの距離が短い「丸ノ内線」。

丸ノ内線は、トンネル部の最大深度において約-17m。
つまり、地上面の出入り口から
ホームまでの距離が短く、
移動がスムーズという魅力も有しています。

出典:国土交通省「新たな都市づくり空間 大深度地下」より

image photo

image photo image photo image photo

Taxi

  • image photo

  • image photo

  • image photo

  • image photo

  • image photo

「テレワークスタイル」メニュー

image photo

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などをご案内する施設全般のことで、それらの一部のみ展示している「ギャラリー」・「インフォメーションセンター」、「サンプルルーム」なども含みます。

※掲載の写真は現地周辺の航空写真(2021年11月撮影)に現地を示す光等をCG合成、一部CGを加工したもので、実際とは異なります。

※表示分数は日中平常時、〈 〉は通勤時の所要時間で、時間帯により異なります。乗り換え・待ち時間等は含まれておりません。掲載の情報は2021年4月のジョルダンに基づいています。

※タクシー料金は、該当区域における中型車の距離制運賃制度に基づき算出したものです。上記料金はルートや道路の混雑状況などにより異なる場合があります。高速道路・有料道路利用料金は含まれていません。掲載の情報は2021年11月のタクシーサイト[http://www.taxisite.com/]に基づいています。

※image photo記載のある写真は全てイメージです。

PAGE TOP

2021年全国分譲マンション供給戸数No.1
※不動産経済研究所調べ(2021年1月~2021年12月)
※対象は全国の新築分譲マンション(定期借地権マンション・首都圏以外の投資用ワンルームマンションを含む。)
※不動産経済研究所調べ(2021年1月~2021年12月)
※共同企業体(ジョイント・ベンチャー)の物件については、企業数に応じて1物件を分割してカウントしております。また、小数点以下は切り上げております。

SNS公式アカウント

当サイトに掲載している写真・画像・図面・データ等については、目的の如何に関わらず、無断転載を固くお断りいたします。
これらの著作権は、株式会社オープンハウス・ディベロップメントまたは関係当事者に帰属します。