image photo

VALUE資産性

image photo

時を超えても色褪せない
価値を有する、
品川区では希少な
プロジェクト。

資産性に関わる価値を有するかどうかは、マンション購入の判断基準の一つとして重要な要素。
特に、「立地条件・住環境」については後から変えることができないため、大きなポイントとなります。
希少な価値を有する「オープンレジデンシア島津山コート」の『立地条件・住環境』における価値やそのポイントを、
様々なデータから検証します。

POINT 01「駅近」であること
image photo
image photo

資産性という観点において、住まい選びの決め手のポイントとなるのが最寄駅への近さ。
中古で流通した際に新築分譲時に対してどれ位の価格で取引されるかを示す指標である「リセールバリュー」において、
駅徒歩5分以内のマンションはその価値を維持していることが分かります。

リセールバリューとは、分譲時の価格と
その10年後の中古流通価格を比較した価格維持率の指標。

東京23区 築10年中古マンション
最寄駅からの所要時間別リセールバリュー

※東京カンテイ調べ/2010年4月~2011年3月に新規分譲され、2020年4月~2021年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。専有面積30m²未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

POINT 02良好な住環境が
維持されていること
現地周辺の街並
現地周辺の街並(徒歩8分/約640m)

良好な住環境が護られる「第一種低層住居専用地域」に指定されたエリアは、
山手線南エリアの内側においてはそれほど多く分布していません。
駅に近いという利便性と、穏やかな住環境の双方を兼ね備えた場所は都心では限られた存在であり、
その点も資産性においてプラスとなる要因と考えられます。

過去10年間、品川区内にて供給された新築分譲マンションにおいて、
「最寄り駅徒歩5分」×「第一種低層住居専用地域」に位置する物件は1物件しかありません。

※1.2011年1月以降品川区内で供給された新築分譲マンションにおいて最寄り駅徒歩5分以内で、且つ第一種低層住居専用地域に位置しているマンションは1物件のみとなります。(対象期間:1995年1月〜2021年3月15日までのMRC調査・補足に基づく分譲マンションデータの範囲内。データ資料:MRC2021年11月号)
※本プロジェクトの敷地内共用部分の一部は第一種中高層住居専用地域に位置します。

POINT 03エリアの将来性
image photo
image photo

次代の東京を牽引する進化の中心として注目される品川駅周辺は、始発駅となるリニア中央新幹線の開業を契機に
様々な大規模開発が進行中。将来に向けて更なる変貌を遂げようとしています。
本プロジェクトは、品川駅へ徒歩10分と再開発エリアに近接しており、
周辺エリアのポテンシャルという観点も、資産性を考慮する際に重要なポイントと考えられます。

航空写真
Image photo
Image photo/高輪ゲートウェイ駅

アジアヘッドクォーター特区

品川エリアを含む<都心・臨海地域>は、国による国際戦略総合特別区域(アジアヘッドクォーター特区)に指定。東京の国際競争力を高めるための業務統括拠点、研究開発拠点の集積を目指した外国企業誘致プロジェクトが推進され、これからの発展が期待されています。
出典:東京都ホームぺージ「Invest Tokyo」

Image photo
Image photo

品川駅より「リニア中央新幹線」が開業予定。

2027年の開業を目指し現在計画が進められている「リニア中央新幹線」は、品川・名古屋間を約40分、品川・大阪間を約67分で結ぶ予定。日本各地がより身近となるのはもちろん、開業がもたらす経済効果など未来に向けて期待の高まる事業として注目を集めています。
出典:東海旅客鉄道株式会社ホームページ

Image

品川駅西口周辺整備計画

本計画への玄関口となる品川駅西口では、新たな国際交流拠点の形成に向けた未来型の駅前空間を計画中。国道15号上部に上空デッキを設けて駅とまちを結び、広場や次世代型交通ターミナル、商業施設などを整備することで、より快適で便利な街並みが生まれる予定です。(2027年度中上空デッキ北側部分完成予定)
※1 出典:関東地方整備局ホームページ(2020年12月現在)
https://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000743189.pdf

※不動産経済研究所調べ(2013年1月~2020年12月)
※共同企業体(ジョイント・ベンチャー)の物件については、企業数に応じて1物件を分割してカウントしております。また、小数点以下は切り上げております。
東京23区マンション共有棟数No.1

SNS公式アカウント

当サイトに掲載している写真・画像・図面・データ等については、目的の如何に関わらず、無断転載を固くお断りいたします。
これらの著作権は、株式会社オープンハウス・ディベロップメントまたは関係当事者に帰属します。