リビング・ダイニング・キッチン(参考写真)

設備・仕様

快適性/セキュリティ

構造

日々の安心のための、確かな基本構造。

STRUCTURE

直接基礎 ■杭基礎概念図
杭基礎
構造設計で重要とされる基礎の設計において、支持層まで現場造成杭を設けます。杭についても地震時に生じるあらゆる方向の力に耐えうるよう、安全に対して充分配慮した設計としています。
「等級3」の劣化対策等級※を取得
「等級3」の劣化対策等級を取得
本体構造躯体に使用する材料の交換等、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策の程度は「設計住宅性能評価書における劣化対策等級にて最高等級の3を取得しています。
※劣化対策等級とは構造躯体等に使用する材料の交換等の大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策の程度。※日本建築学会編「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事2009」の考え方を引用。※適正な長期修繕計画に基づく維持管理が前提であり、メンテナンス不要ということを保証するものではありません。
住宅瑕疵担保責任保険
住宅瑕疵担保責任保険住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分の瑕疵(欠陥)に起因して、基本的な耐力性能または防水性能を満たさない場合、事業者は10年間の瑕疵担保責任を負います。瑕疵の補修等が確実に行われるように、住宅瑕疵担保責任保険に加入いたします。
株式会社ハウスジーメン
株式会社ハウスジーメン
住宅瑕疵担保責任保険
住宅瑕疵担保責任保険住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分の瑕疵(欠陥)に起因して、基本的な耐力性能または防水性能を満たさない場合、事業者は10年間の瑕疵担保責任を負います。瑕疵の補修等が確実に行われるように、住宅瑕疵担保責任保険に加入いたします。
「等級3」の劣化対策等級※を取得
「等級3」の劣化対策等級を取得
本体構造躯体に使用する材料の交換等、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策の程度は「設計住宅性能評価書における劣化対策等級にて最高等級の3を取得しています。
※劣化対策等級とは構造躯体等に使用する材料の交換等の大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策の程度。※日本建築学会編「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事2009」の考え方を引用。※適正な長期修繕計画に基づく維持管理が前提であり、メンテナンス不要ということを保証するものではありません。
ダブル配筋 ■ダブル配筋概念図
ダブル配筋
耐力壁(構造的に重要な壁体)は鉄筋を二重に組むダブル配筋を標準とし、シングル配筋よりも高い強度を実現しています。
二重床 ■二重床概念図
二重床
床面とスラブとの間に空間を設けた二重床を採用。衝撃音を軽減すると共に、メンテナンスやリフォームにも対応した構造です。
対震玄関ドア枠 ■対震玄関ドア枠概念図
対震玄関ドア枠
地震時に玄関ドアが開かず、外への脱出が不可能にならないよう、玄関ドア枠には耐震ドア枠を採用しています。
断熱性への配慮 ■外壁断面イメージ図
断熱性への配慮
外壁には断熱材とプラスターボードを施して断熱性や結露防止にも配慮しています。
コンクリートの強度/水・セメント比50%以下 ■水・セメント・他混合比率概念図
コンクリートの強度/
水・セメント比50%以下
ひび割れなどが起こりにくいよう水セメント比を50%以下に設定。コンクリートは設計基準強度以上です。
※杭および外構等のコンクリートは除く。
「住宅性能評価書」を取得予定
「住宅性能評価書」を取得予定
国土交通大臣に登録した第三者機関が一定の性能水準に達していると認めた住宅に交付される「住宅性能評価書」を取得予定です。

設備・仕様

快適性/セキュリティ

構造

「テレワークスタイル」メニュー

※掲載の室内写真は弊社マンションギャラリーを撮影(2019年3月)したもので、本物件とは異なります。家具・調度品等オプション仕様および設計変更は販売価格には含まれません。また、一部設計変更・オプション設備が付加されており、基本プラン・仕様とは異なります。

※掲載の概念図は実際のものとは異なる場合があります。

CONTACT

ご来場予約いただいたお客様を
優先してご案内させていただきます。

PAGE TOP

※不動産経済研究所調べ(2017年1月~ 2019年12月)
※共同企業体(ジョイント・ベンチャー)の物件については、企業数に応じて1物件を分割してカウントしております。また、小数点以下は切り上げております。
東京23区マンション共有棟数No.1
当サイトに掲載している写真・画像・図面・データ等については、目的の如何に関わらず、無断転載を固くお断りいたします。
これらの著作権は、株式会社オープンハウス・ディベロップメントまたは関係当事者に帰属します。